省エねこ

長野県内の方はニュース等で取り上げられていたので、知っている方もいるかと思いますが、長野県の県知事さんが冬の省エネ対策と栄村の復興支援に、なぎそねこを活用するウォームビズを『省エねこ』として発表しました。
(この話自体は昨年の暮には出ていました)
その後、県の注文をなぎそねこ組合で受注し、当店でもその一部を制作となったわけですが、御存知の通り、テレビで全国放送されてから、在庫が全くない状態が続いており、一月遅れでやっと県の注文が終わりました。
P1020121.jpg
製作時の様子


今回は県からの注文をなぎそねこ組合で受けたものだったので、ご近所さんで同じくなぎそねこを作っているHさんにもお手伝いしてもらっての製作でした。
P1020112.jpg
こうやってお年寄りから若い人へと受け継がれてきた伝統文化が、冬の防寒と省エネに生かされ、日本中で活用されるというのはなんだか良いですね。
——–今季のなぎそねこの販売について——–
まだ当店では受注に対し生産が追いつかない状態となっております。
今からご注文いただいても納品が一ヶ月後になりますが、お待ちいただける方はメールまたはお電話にてお問い合わせください。