タモ杢の縮違い

杢の入ったペン(タモ杢、セン杢、マーブルウッド等)はどれも個性的で面白い杢をしているのですが、その分ネット販売では気を使います。なにせ木製品は写真のサンプルとまったく同じとはいかないですからね…
そんなわけで、ご注文があった時になるべくその材の良い杢のペンを納品させていただいているのですが、今回は杢の良し悪しでは判断できないタモ杢のお話。
まずこちらがネットストアでのサンプル写真↓
_NFX1349.jpg
いかにもタモらしく荒々しい縮杢で力強く美しいんじゃないかと思います。
そしてこちらが問題?のタモ杢↓


NFX_1363.jpg
縮杢は縮杢でも、縮んでいる方向が90度違う縮です。通常ネット販売しているタモ杢のペンは板目面に縮杢が出たものなのに対して、こちらは柾目面に縮杢がでたもので、タモらしい荒々しさはなく、また色白なため優しい印象です。(丁度キルトメイプルとカーリーメイプルの違いに近いかと思います)
他の樹種でも時々こういったことはありますが、ほとんどが時々なのであまり問題にしないのですがタモに関してはこっちの杢の材もよく出てくるんですよね。今のところ杢が違いすぎるので対面販売のみですが、柾目面の縮杢もこれはこれで美しく上品な感じがするのでネット販売に追加しようかな~と思っているところです。
まだストアの方は準備中なので、コレ欲しい!という方はお手数ですが、現行のタモ杢ご注文時の備考欄に『柾目の縮杢』とご記入下さい。
ストア内、タモ杢のページへ>>