真空管アンプ製作中

以前twitterでつぶやきましたが、親父が真空管アンプの製作キットを購入しました。
注文後1週間程で届き、夜な夜なチョットづつ制作を進めています。
R0010375.jpg


製作しているのは、名古屋、大須の第一アメ横ビルにある小坂井電子さんの『2A3シングルアンプキット』
親父ともども3、4回足を運び色々と話を聞いての購入でした。
R0010342.jpg
シャーシ
R0010343.jpg
細かい部品類
R0010344.jpg
シャーシに、表に出る接続端子類を取り付けたところ
現在は出力トランス等も取り付け、裏側の配線をしているところで、全体の50%程出来上がっているとのこと…
私は正直、電子工作はさっぱりなので、何がどうなっているのかいまいち把握出来ていませんが親父は懐かしいのもあり作るのが『かなり』楽しいみたいです。
私はと言うと完成後にお店のスピーカーにつないでどんな音が聞けるのかがどちらかと言うと楽しみなんですけどねw
真空管アンプに興味があったり、作ってみたいと思われる方は一度、小坂井電子に行ってみるといいかもしれません。
丁寧に色々とお話も聞けますし、何より大手のメーカー物よりずっと良い部品でキットを組めるそうです。
小坂井電子のサイト>>

コメント

  1. 歯車屋 より:

    こんにちは.以前のお仕事ではお世話になりました~.
    真空管アンプはいじればいじるだけ音が変わりますよ(^o^)
    管やコンデンサだけでなく,配線の太さや材質でも音が変化する不思議な世界です.
    作って直ぐは固い音ですが,電気を流してエージングを重ねればどんどん音が変化していきます.
    何だか木の作品と似ていますね~(*^-^*)
    お店で素敵な音を聞かせて頂けるのを楽しみにしています.

  2. kazu より:

    歯車屋さん
    こんにちは。
    そんなにコロコロ変わるんですか!?ますます楽しみになってきました…
    聞き初めは固いとか、使っていくうちに馴染んでいく感じは確かに木製品のようですね。
    完成したらまたあそびにきてください♪