キルトメイプル(キルテッドメイプル)のペン

ギターをされている方から、キルトメイプル(キルテッドメイプル)でペンを作って欲しい、との問い合わせがあり制作いたしました。

DSC_4157.jpg

このキルトメイプル、正確にはビッグリーフメイプル(ソフトメイプル)と言う種類のカエデの木で、特に樹の表面近くの板目面にあらわれるウロコ模様の杢をキルトメイプル、またはキルテッドメイプルと呼びます。
この杢は高級エレキギター等のギター類のトップ(ボディ)として非常に有名なメイプル材で、楽器屋さんなどに行かれると見かけることがあるかと思います。
板材の状態ですとこんな感じ↓。

R0010227.jpg
動画ですと非常にわかりやすくメラメラと模様が波打ちます↓

(板は平らです)
上の写真や動画は白木地の状態ですが、これをギターとして加工、塗装するとこんな感じになります↓
prmetheus_b02.jpg
画像元
さて、このキルトメイプルが加わったことでカエデ(メイプル)材のペンは4種類になりました。
DSC_4150.jpg

写真左から、板屋楓、カーリーメイプル(フレイムメープル)、バーズアイメイプル、キルトメイプル
キルト以外はハードメイプルに属しており白く、キルトのみソフトメイプルで飴色をしています。(ソフトメイプルはハードメイプルに比べ25%程柔らかい)
どの杢も楽器に重宝されており、どれも高級材だったりします。

また、カーリーとキルトは木目が波打っていると言う意味では同じ杢に思われがちですが、カーリーは柾目面に、キルトは板目面に杢があらわれるという違いがあります。
ただ一つ、カーリーやバーズアイ等の杢に比べ、キルトの杢は大きいためペンに加工するとそのインパクトあるウロコ模様がわかりにくくなるところが残念なところ…
まぁそうは言っても、ペンには杢のなるべく細かい部分を選んで作っており、明らかに通常のカエデとはことなる表情でそれとわかるような仕上がりとなっていますけどね♪
中々無いキルトメイプルのペン、もし気になった方はお気軽にお問い合わせ下さい!

*木目の特質をより楽しみたい方は太軸ペンの方が表面積が大きいのでおすすめです。