小学生の頃から使っているシャープペンの修理

先日、お電話にてシャープペンシルの修理を依頼頂いて、届いたのがこちらのペン。
恐らく妻籠宿で小学5年生の頃にご両親から買ってもらった木曽ヒノキのシャープペンシルのようで、木部だけでなく金具にもかなり使い込んでいる形跡が!
KN1_5829.jpg
丁寧なお手紙も頂きました
学生さんなのできっと毎日使用で2〜3年は使ってくれているのではといった感じ…それでも傷のつきやすいヒノキのわりにキレイで、とても大事に使って頂いていたようです。


故障内容としては、ペン先の芯づまりだけだったので、針で詰まった芯を取り除き、内部清掃して動作チェック…
その他には特に問題なかったので、このままお客様のところへ♪
KN1_5832.jpg
木部の変化もですが、金具のハゲ具合も中々味があっていいですね!
ちなみに今回、部品の交換も検討したのですが、部品交換は有料になってしまうためお客様に連絡をしようと思ったのですが、お手紙に電話番号が記載されておらず連絡が出来なかったため、金具もそのままでお返しいたしました。
*修理を検討されている方は必ず電話番号等を明記した紙を同封してください!
購入時は小学5年生で、現在は中学生くらいでしょうか…このまま高校大学と使ってもらえたらな〜なんて思います。