2012年・木のペン樹種別人気ランキング

DSC_4715_20130104114820.jpg
2012年にネットストアでレギュラー販売していた木のボールペン・シャープペンシルの販売本数を樹種別に集計してみました♪


第1位 槐

DSC_1556_20130104114810.jpg
鬼門に槐の彫り物を置くと魔除けになると言われ、延寿と書いて長寿や安産のお守りとされ、中国で学問と権威のシンボルとされている、当店が販売している樹種の中で最も縁起の良い木です。
堅牢で木目もしっかりしているため使い込むと深い味わいと艶が出るのが特徴。
*昨年3位

第2位 マーブルウッド

_NFX1346_20130104114809.jpg
レギュラー品の中で唯一の瘤杢(正確には葡萄杢)。大理石のような荒々しく変化に富む表情とその重厚感が魅力です。
なお、マーブルウッドと言うのは俗称で、中央アジア原産の木の瘤で本来の樹種名は未だに不明…
*昨年も2位

第3位 山桜

DSC_3259_20130104114810.jpg
説明するまでもなく、日本でもっとも愛されている樹種で、最も知られている花の名前です。
その種類も沢山ありますが、特に木材として優秀な山桜材を使用しています。
やさしい色合いで、使い込むとより深い色合いと艶が出るのが特徴。
*昨年4位

第4位 屋久杉

DSC_3269_20130104114811.jpg

世界遺産、屋久島の独特の環境と地質で千年以上生きた屋久杉で非常に緻密な木目と、屋久杉特有のやさしい匂いが特徴です。
また、一般的に杉の樹齢は長くても500年程度ですが、屋久島の杉は3000年以上もの悠久の時を生きることがあることから、長寿の象徴として、厄過ぎにかけて縁起のいい貴重な銘木として珍重されています。
*現在は伐採禁止となっているため、禁止前の材や倒木を使用
*昨年1位

第5位 特上黒柿

_NFX1358.jpg
国産材の中で最も希少な最高級木材で世界的にも貴重かつ珍重されている銘木中の銘木です。
正倉院の木工品にも多数の黒柿が使われいたり、茶道具としても最高級品にかぞえられるように昔から珍重されています。
その独特の美しい縞模様は黒柿特有の油分により使い込む程に深みのある色艶へ変化していき、まさに最高級品と言うにふさわしい風格をもつようになります。
*昨年10位
6位 ウメ
7位 シタン
8位 神代ケヤキ・イチイ
10位 木曽ヒノキ
と言う結果になりました。
妻籠宿や店頭とネットでは違うのですが、概ね定番の樹種が多かったように思います。
また、集計してみたところ、槐の人気が非常に高く、圧倒的でした。
やっぱり縁起木は強いですね♪
ちなみに、店頭だと、ケヤキやパープルハートの人気がかなり高いのですが、やっぱり来られるお客さんの違いでしょうか…
人気のある樹種にはそれなりに人気がある理由がありますし、ペンの購入を迷われている方は参考にしてみてはいかがでしょう(^^)