昔々、10年以上前のペンの修理

10年以上前に作っていたクロスのペン(黒柿)が修理に里帰りしてきました。
KN0_5870.jpg
塗装のハゲ具合がいい味出てます
修理のペンにはお手紙が同封されていて、何でも義父様から頂いたものとのこと…修理して使いたいというのはやっぱり思い入れのある大切なペンなのではないでしょうか。
これはしっかり治してあげたいところですね!
KN0_5872.jpg
ペン作が潰れてペンが出にくい状態
KN0_5873.jpg
クリップが折れてなくなっています
状態としてはクリップとペン先の破損でどちらも部品交換が必要なものでした。
ということで、早速、部品棚あさりから…


KN0_5976.jpg
古い部品の棚をガチャガチャと…
今は作っていない古いペンなので部品はデッドストック。
部品棚に入っている、余り部品を漁って合うものを探します。
特にクリップの破損はよくあるため交換が必要になる事が多く心配しましたが、なんとか無事に見つかりました♪
と言うことで無事に交換修理!
KN0_5979.jpg
オイルもすり込んでピカピカ綺麗に♪
KN0_5981.jpg
ペン先もしっかり出ます
KN0_5982.jpg
クリップも新しく
ちなみに、このペンはペン先側の部品が圧入式で交換するとどうしても緩くなるため、今回は交換を見送りました。
(あの塗装の剥げた感じ味もあってかっこよかったのもありますが)
追記:クリップ側が新品に交換だったためで、やっぱり気になったため、結局全部交換しましたw
当店が木のペンを作り始めた最初期のペンの一本、10年以上も使われて、この先も当分は使ってもらえるのかなと思うとなんだか嬉しいですね。

コメント

  1. ピーカン より:

    初めてコメントさせていただきます。
    私は趣味でペンを作っていますので、こちらのブログを拝読して勉強させて頂いております。
    この修理されたペンは、同じデザインと構造のキットが今でもアメリカのショップで売られているので、私も取り寄せて作ってみました。
    野原工芸様ではこのペンに独自に改良を加えられて、現在の実用的で理想的なフォルムの、オリジナルボールペンに至っているのでしょうね。

  2. kazu より:

    ピーカンさん
    こんにちわ。
    最初は色々なペン部品を使っていたので一概には言えませんが、参考にはしていたかもしれません。
    (私が実家へ戻る前の話です)
    この形、綺麗なんですが、難点は回転式でクリップのキズがついてしまうことですね。