修理に戻ってきたペンがすごかった

ボールペンのノック部分が故障したため修理のお問い合わせを頂き、当店へ送っていただいたボールペンがすごかったのでご報告。
*今回の記事、意図的に修理品の樹種を伏せていますので、なんの木か推理してみてください♪
NFX_4447.jpg


写真を見れば分かっていただけると思うのですが、木部の経年変化と共に、金具の塗装が剥げてテカテカになっっちゃっていたんです。当店のペンは金具部分も使い込むとある程度艶が出る仕様になってはいるので、剥げることもあるとは思っていましたが実際にそうなったペンは初めて見ました!
NFX_4449.jpg
しかも、木部の経年変化や金具から想像するにかなり時間が経っているのかと思いきや3年間使用とのこと…時間ではなく相当量使い込んだための変化(故障も使い込んだための内部メカニックの摩耗によるもの)と判明して二度びっくり!!
今回の場合、内部メカニックのみの場合は500円、金具まで交換の場合1000円という見積りを出させていただき、折角なので金具も交換ということになりました。
NFX_6715.jpg
写真手前が部品交換後のペン、奥が同じ樹種の新品。
こうやって並べると木部の経年変化もかなり素晴らしいですね、あまりに変化していたため私も最初は樹種を間違えたくらいです(^^;)
このペン、数日以内にお客様のところへ帰るのですが、もっともっと使い込んでいただいて更に変化した状態が見られることを楽しみにしています。
*修理品の樹種わかりました?答えはこの記事のタグにあります♪