茶筒ページ完成

野原工芸のホームページを立ち上げてから長いこと準備中だった『茶筒』のページをやっと制作しました。
DSC_4686.jpg

当店の茶筒は野原工芸の現社長である野原廣平が15歳の頃から作り続けて来たもので40年以上もの長い間培った経験と感によって作られており、蓋を茶筒の口に合わせると、自重で中の空気を排出しながら閉まる絶妙の精度で作られています。
もちろん中蓋も備えた二重構造になっており高い気密性があり、更に木特有の吸湿性により常に最高の状態で茶葉を保存出来る優れもの!!
まさに野原廣平の代表作であり現在の野原工芸の看板製品です。
まだ、調整やいたらない部分もあるかもしれませんが一度見てみてください→http://www.store.nohara.jp/chadutu.shtml